不動産売却の訪問査定と机上査定の違いは?査定依頼を出すときのポイント

2022-04-01

不動産売却の訪問査定と机上査定の違いは?査定依頼を出すときのポイント

相続した実家やマイホームの買い替えなど、不動産を売却したいと思ったら、まずは査定依頼をしてみましょう。
不動産売却の査定には2種類あり、机上査定と訪問査定がありますが、この2つはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は不動産売却をご検討中の方に向けて、机上査定と訪問査定の違いと査定依頼のポイントについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定は2種類!机上査定と訪問査定の違い

不動産売却の最初のステップとして、まずは査定を依頼し、どのくらいの価格で売れそうなのかを知ることから始めます。
査定の方法には 、机上査定と訪問査定の 2種類があります。
机上査定とは、書類のみでおこなう査定のことで、類似物件の成約価格や周辺物件の売り出し価格などをもとに査定額を決定します。
早ければ当日にも結果がわかりますが、現地を見ていないため精度は高くありません。
次に、訪問査定は実際に担当者が足を運んで、物件を見ておこなう査定です。
建物の状態や日当たり、景観、周辺環境など足を運ばないとわからないポイントも考慮されるため、現実的な価格を知ることができます。
この2つの査定方法はどちらかを選ぶのではなく、目的が違います。
売却の検討段階で目安が知りたいのであれば机上査定、本格的に売却活動を始めて、売り出し価格を決定するときは訪問査定をおこなうのがおすすめです。
また、査定額を精査する際にはご自身でも不動産相場を調べておきましょう。
不動産相場は、レインズマーケットインフォメーションと土地総合情報システムで調べることができます。
この2つは国土交通省の運営するサイトで、地価公示がインターネットで簡単に検索できます。
また物件検索サイトで、条件のよく似た物件の売り出し価格を把握することもできます。
最終的な取引価格とは異なりますが、数分程度で相場を把握できるのでおすすめです。


\お気軽にご相談ください!/


弊社では不動産売却をお考えの方に、無料で査定依頼を受け付けています。
また「売却をご近所の方に知られたくない」「古い家をそのままの状態で売却できるのか」などの心配なポイントがありましたら、ぜひ弊社へお伝えください。
査定依頼の前には、土地の実測図、土地の境界が確認できる資料、設計図書、建築確認済証、検査済証などの書類が必要です。
マンションの場合はパンフレットや管理規約、使用細則なども必要になります。

マイホームの住み替えの場合は、売却と購入を依頼頂けるとお金の流れが一元化しスムーズに取引が進みます。


まとめ

売り出し価格が相場よりも高いと、不動産売却が長引く原因になりやすいため、査定はとても重要です。
売却活動をスムーズに進めるには、査定依頼を出す際のポイントも押さえておきましょう。
「リアルスター株式会社」は江戸川区や浦安市、市川市や船橋市を中心に不動産売却をサポートしております!
弊社ホームページにて、売却査定依頼を受け付けております。
ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-354-868

営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日・祝日

売却査定

お問い合わせ