【浦安市】ハザードマップとは?不動産売却の関係性もご紹介

2022-02-08

【浦安市】ハザードマップとは?不動産売却の関係性もご紹介

大規模な災害が発生するたびにメディアで取り上げられるハザードマップ。
皆さんはお住まいの地域のハザードマップをご覧になりましたか?
2020年に宅地建物取引業法が一部改正され、ハザードマップの重要性はどんどん増しています。
今回は浦安市で不動産売却をおこなう方に向けて、ハザードマップの概要や不動産売却に与える影響などをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

浦安市で不動産売却の際に説明義務化されたハザードマップとは

ハザードマップとは自然災害の被害を軽減するために、各地方自治体が災害の被害予想や避難場所などを定めた地図のことです。
このハザードマップという言葉を1度は耳にした方も多くいらっしゃると思います。
近年水害が不動産に多大な被害をもたらしており、不動産売却の際も水害のリスクが買主の意思決定を左右するという背景から、重要事項説明の際にハザードマップの説明が義務化されました。
ただし自治体によってはハザードマップが作成されていない地域もあり、その場合はハザードマップが作成されていないことを伝えれば良いとされています。
また法律の改正に伴い、ハザードマップの説明義務化についてのガイドラインも発表されました。
そのガイドラインのなかから特に重要な点を4つご紹介します。

  • 津波や高潮などの水害について記載されたハザードマップを提示して、そのなかで対象の不動産の位置を確認する
  • 対象の不動産がハザードマップの被災範囲外であっても、予想外の大規模な災害があれば被害を受ける可能性があることを伝える
  • 自治体のHPから入手できる最新のハザードマップを用いる
  • ハザードマップ上の避難場所も合わせてご説明する

以上の4つがハザードマップの説明義務化のなかでも大切なポイントです。
浦安市には現在「洪水ハザードマップ」と「内水ハザードマップ」の2種類のハザードマップがあります。
内水ハザードマップは浦安市独自が発表しているもので、法律上ご説明しなければいけないのは洪水ハザードマップになります。
種類を間違えないように注意してください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

浦安市のハザードマップが不動産売却価格に与える影響

最後に浦安市のハザードマップが不動産売却に与える影響をご紹介します。
結論からいうと、浦安市のハザードマップは不動産売却に与える影響はほとんどないとされています。
というのも、不動産の鑑定の際に土地の状態を考慮して鑑定されているため、ハザードマップが不動産売却に影響を与える可能性は極めて低いです。
また2021年の浦安市の基準地価は平均36万1800円/㎡で、コロナ禍という状況でも上昇しています。
出典元:千葉県HP「令和3年地価公示」
tochidai.info/chiba/urayasu/

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は浦安市のハザードマップについてご紹介しました。
「リアルスター株式会社」は江戸川区や浦安市、市川市や船橋市を中心に不動産売却をサポートしております!
弊社ホームページにて、売却査定依頼を受け付けております。
ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-354-868

営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日・祝日

売却査定

お問い合わせ