一戸建ての売却について流れと費用をご紹介

2022-02-14

一戸建ての売却について流れと費用をご紹介

一生に一度の買い物とされることが多い一戸建てですが、売却というのも人生でそう何度も訪れるものではありません。
慣れない一戸建ての売却には不安要素が多く、なかなか踏み切れない方も多いでしょう。
そこで今回は、一戸建てを売却する際の全体的な流れと費用についてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

一戸建てを売却する流れ

基本的に、一戸建てを売却する際の流れは以下の順番で進みます。

  • 準備
  • 査定
  • 媒介契約
  • 売却
  • 契約および引っ越し

まずは売却する一戸建てについての情報を整理しましょう。
家の所在地はもちろん、ローンの残債があるか、周辺にどんな施設があるか、最寄り駅までどれくらいの距離なのか、間取り図や接道状況なども肝心です。
また、事前に権利書や固定資産税納付書、地積測量図、境界確認書、建築確認証・検査済証、設計図、工事記録書などがあると話をスムーズに進められます。
次に物件の査定依頼をします。
手入れの具合や築年数、土地の相場に基づいて適切な価格が分かったら、媒介契約を結んで、買主を募集します。
あとは買い手が見つかり次第、売買契約を結んで売却完了です。


\お気軽にご相談ください!/

一戸建ての売却にかかる費用と税金

もっとも大きな金額となるのは譲渡所得税です。
所有者ご本人様が自己の居住の用途として実際に住んでいた場合で、保有期間が5年以内の場合は譲渡所得の39.63%が税金として引かれてしまいます。
5年を過ぎていれば約半分の20.315%に減税されます。


次に大きい出費は仲介手数料です。
仲介手数料は上限額が決まっており、その計算式は「(売却額×3%)+6万円+消費税」です。
たとえば1,000万円で売却した場合は39万6,000円が仲介手数料の上限です。
ほかにも売却金額によって異なる印紙税や、抵当権の抹消を司法書士に依頼した場合はその費用も数万円かかります。

※リアルスターでは一定の条件で媒介契約を締結させて頂きました売主様には、仲介手数料を最大半額とさせて頂いております。※2022年2月現在


さらに売却前のクリーニング代やホームインスペクション、正しい土地の面積が分からない場合は測量などの費用も必要になります。
また、売却した後には当然引っ越しもするので、引っ越し費用も掛かるでしょう。
このように、一戸建ての売却にはさまざまな費用が発生しますが、売却して利益が発生した際には確定申告を必ず行ってください。
一定の条件を満たせば最大3,000万円の控除が受けられるので、場合によっては税金を支払わなくて済みます。
こうした税金対策に関しても十分調べておかないと損をしてしまうので気を付けましょう。


まとめ

今回は、一戸建てを売却する際の流れと費用についてご紹介しました。
「リアルスター株式会社」は江戸川区や浦安市、市川市や船橋市を中心に不動産売却をサポートしております!
弊社ホームページにて、売却査定依頼を受け付けております。
ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-354-868

営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日・祝日

売却査定

お問い合わせ